トレードロボットを研究・開発しオープンソースソフトウェアとして公開!

      
/ トップページ /トレードロボットをJavaで自作しよう! / RobotTraderLibraryをEclipseで使えるようにする

RobotTraderLibraryをEclipseで使えるようにする


  1. ダウンロード&解凍
    RobotTraderLibraryをダウンロードして適当なフォルダに解凍します。※"c:\class"に解凍したものとして以降説明をします。
  2. ワークスペースの作成
    1. eclipseを起動します。ようこそタブが表示される場合はこれを閉じます。
    2. メニューより「ファイル」→「ワークスペースの切り替え」→「その他」を選択します。フォルダ選択ダイアログが表示されるのでフォルダを選択します(ここに作成したソースやclassファイルが出力されます)。※"c:\class"を選択したものとして以降説明をします。
  3. 新規Javaプロジェクトの作成
    1. メニューより「ファイル」→「新規」→「Javaプロジェクト」を選択します。
    2. 新規Javaプロジェクトダイアログにプロジェクト名を入力し(ここでは"TradeRobot"とします)、その他の項目はデフォルトで「次へ」ボタンをクリックします。
    3. 次のページに行ったらそのまま「終了」ボタンをクリックします。
    4. パッケージエクスプローラでプロジェクトを選択した状態(下図参照)で、メニューより「プロジェクト」→「プロパティ」を選択します。
    5. プロパティダイアログが表示されるのでツリーより「Javaのビルドパス」を選択します。
    6. 画面右側にタブが表示されるのでライブラリータブを選択し、その中の「外部JARの追加」ボタンをクリックします。
    7. ファイル選択ダイアログで先ほど解凍したrobotbrain.jarを選択します。(ここではc:\class\robotbrain.jar)
      選択したらOKボタンをクリックしてダイアログを閉じます。
  4. Webクラスを使って動作確認をする
    1. 「新規Javaクラス」ボタンをクリックします。新規Javaクラスダイアログが表示されるので、名前欄にクラス名を入力します(ここでは"Test"とします)。さらに"public static void main(String[] args)"チェックボックスをチェックして「終了」ボタンをクリックします。
    2. 自動生成されたソースのmainメソッドに下図のようなコードを記述します。Webクラスのところに赤い波線がひかれます。"Web"という文字のところにマウスポインタをあわせますとエラーの内容と対処方法の候補が表示されるので「'Web'をインポートします(jp.robotbrain.net)」を選択します。これでエラーが解消されます。
    3. さらに以下のようにコードを入力します。HttpHeaderListについても赤い波線がつきますが上記と同様の方法で解決してください。w.goの行でもエラーがでますが、これは「try/catchで囲む」を選択してエラーを解消してください。
    4. 「try/catchで囲む」を選択すると例外処理が自動生成されます。最後にw.goの行の次に"System.out.println(res);"という行を追加します。
  5. 作成したプログラムを実行する
    1. パッケージエクスプローラでTest.javaを右クリックしてメニューを出し、「実行」→「Javaアプリケーション」を選択します。ファイルの保存をしていない場合は保管して起動ダイアログが表示されるのでTest.javaにチェックがついた状態でOKボタンをクリックします。
    2. 画面下のコンソールタブにhtmlの内容が表示されれば正常に動作しています。

Copyright (C) 2009 RobotBrain. All Rights Reserved  jp.robotbrain@gmail.com