トレードロボットを研究・開発しオープンソースソフトウェアとして公開!

/ トップページ / RobotTraderLibraryのダウンロード / Eclipse4.2(Juno)にSubclipseをインストールしSourceForgeからソースを入手(チェックアウト)する手順

Eclipse4.2(Juno)にSubclipseプラグインをインストールしSourceForgeからソースを入手(チェックアウト)する手順


RobotTraderLibraryのソースはSOURCEFORGEというサイトでSubversionというバージョン管理システム上で管理しています。EclipseにはSubclipseというプラグインがあり、これを使えば簡単にソースを入手することができます。

Subclipseプラグインのインストール
  1. Eclipseがインストールされていない場合は以下のページを参照しインストールします。
    Eclipse4.2(Juno)の日本語化手順とGUI構築ツール
  2. Eclipseのメニューから「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール...」を選択します。
  3. 「作業対象」に以下のURLを入力してEnterキーを押します。
    http://subclipse.tigris.org/update_1.8.x
  4. ツリーが表示されるのですべてにチェックをつけて次へボタンをクリックします。
  5. 画面が変わるのでそのまま次へボタンをクリックします。
  6. 「使用条件の条項に同意します」をチェックして、完了ボタンをクリックするとインストールが始まります。
    セキュリティ警告が表示されたらOKボタンをクリックして処理を続行します。
  7. インストールが終了したらeclipseの再起動の問い合わせがでるので「今すぐ再始動」をクリックします。
SVNリポジトリー・エクスプローラーの設定
  1. Eclipseのメニューから「ウインドウ」→「設定」を選択します。
  2. ツリーから「チーム」→「SVN」を選択します。
  3. SVNインターフェースを「SVNKit(Pure Java)...」に設定してOKボタンをクリックし、ダイアログを閉じます。
  4. メニューから「ウィンドウ」→「パースペクティブを開く」→「その他」を選択します。
  5. 「SVNリポジトリー・エクスプローラー」を選択してOKボタンをクリックすると、SVNリポジトリー・エクスプローラーが表示されます。
SourceForgeからRobotTraderLibraryのソースを入手する。
  1. SVNリポジトリー・エクスプローラーのツリー表示のところ(SVNリポジトリタブ)で右クリックメニューを出し「新規」→「リポジトリー・ロケーション」を選択します。
  2. 以下のURLを入力し完了ボタンをクリックします。
    http://svn.sourceforge.jp/svnroot/robotbrain/trunk
    RobotTraderLibraryの最新版が上記URLから手に入ります。「trunk」のところが「tags」のURLの場所には各バージョンでリリースした時のソース(スナップショット)が入っています。
  3. ツリーを開いて「RobotTraderLibrary」で右クリックメニューを出し「チェックアウト」を選択します。
  4. デフォルトのまま次へボタンをクリックします。
  5. 「デフォルトのワークスペースを使用」にチェックがついていることを確認し完了ボタンをクリックします。
  6. チェックアウトが終わったらJavaパースペクティブに切り替えてソースを参照します。
手順は以上です。

仕事で身につけたJavaスキルを趣味に活かせるロボットトレーダーの開発について
Eclipse3.7(Indigo)にSubclipseプラグインをインストールしSourceForgeからソースを入手(チェックアウト)する手順

Copyright (C) 2013 RobotBrain. All Rights Reserved  jp.robotbrain@gmail.com